• ホーム  >  
  • 患者さんの気になるQ&A

Q&A

Q認知症は治りますか?

A 現状では認知症が完治した例はありません。ただしっかり検査、治療をすることに緩和することは可能です。

Q検査はどのようなことを行いますか?

A 簡易的認知機能検査や時計描画テスト,CTやMRIなども使用し脳の大きさなども診断します。

Q物忘れとの違いはなんですか?

A 物忘れは正常な老化現象で誰でも起こりますが、認知症は日常生活をする上で影響がでる脳の疾患になります。

Q家族が認知症になったらどうサポートすれば良いですか?

A 最初に認知症の症状に気づき、誰より一番不安になって苦しむのは本人なのです。あたたかく見守り適切な援助を受ければ、自分でやれることも増えていくでしょう、介護者にも自分の生活があるかと思います。インターネットや地域の機関を利用するなどうまく利用し、相談できる方を見つけておくことも重要です。

Q認知症の介護をしていてイライラで押しつぶされそうです。

A 良く頑張って介護されてますね、素晴らしいです、何もあなただけがイライラする訳ではなく、介護する方みんな共感できることです。認知症になる前の写真や思い出の品など見返してみてるとこんなに素敵だったんだ、自分も面倒をかけた時があったんだ!と思い出すことがあり、気持ちが少し楽になることもあるようです。

Q認知症は高齢でなければ発症しませんか?

A そんなことはありません。働き盛りの方も認知症になります。何か違和感やきになることがあれば一度診察を受けてみてはいかがでしょうか。

Q認知症の方に対するNG行動はなんですか?

A 認知症の初期では、まだ認知機能が保たれているので、一人でも日常生活を行えますが、細かく行動を指摘したり、周囲に隠すようなことはおすすめしません。周りにも理解してもらいサポートを得られやすいと考えます。

Q介護保険の申請はどのようにすればよいかですか?

A 住んでいる市町村の介護保険担当窓口か地域包括支援センターのケアマネージャーが決まっている場合は相談します。一次判定、二次判定の後、要介護度が決定しケアプランが作成されます。

Q親の物忘れがひどくなりました、早く受診させていのですが、診断するというと拒否されます。何か良い方法はありますか?

A 治療計画や早期対策を講じられるのでできるだけ早く受診させて下さい。拒否されるようであれば認知症の検査をは言わず、内科の検診を受けるよう勧めてみてはいかがでしょうか?

Q親が認知症と診断され将来に不安を感じています。どうすれば良いでしょうか?

A まずは介護保険を申請しましょう。薬を飲むことで進行を遅らせ今後の計画も立てられます。本人に好きなこと、できることはさせてあげて下さい。認知症と診断されると少なからず家族はパニックになります。まずは落ち着いて、介護への不安を共有し社会的資源について説明することで気持ちが落ち着くことがあります。

Q認知症の親が夜徘徊するようになりました。解決方法はありますか?

A 夜間の問題行動は様々な理由で起こります。まずは睡眠や生活環境と整え日中に活動的に過ごすことを心がけましょう。①日常的に決まった行動をさせる。②生理的欲求が満たされているか確認する(トイレ、喉の乾き、空腹など)③ドアを容易に開けられなくする(赤ちゃん用ドアロックを使うなど)、④患者さんが目につくところに車のキーなどを置かない等々。一部ですが様々ありますので専門医に相談してみて下さい。

Q高度認知症患者とコミュニケーションは取るには?

A あなたが誰なのか名乗る、患者さんを名前で呼ぶ、ゆっくり話す、必要に応じて質問を繰り返す、曖昧な言葉はさけ具体的な言葉で話す。(それはここにありますよ!ではなくあなたの帽子はここにありますよ)などと具体的に話す。質問よりも答えから話す(トイレに行きたいですか?ではなくトイレはこちらですよ!など)答えから話す。